VIVA 『SHOCHU』

国分酒造協業組合『いも麹芋』

今日紹介するのは、自分も今回初めて飲む国分酒造協業組合『いも麹芋』です。
f0004911_2158169.jpg

先ずは、生で飲んでみました。生で飲んでみると、柔らかい芋の甘さが最初に来て、そのあとじわじわコクが来る感じがしました。香りは通常の芋焼酎の香りと少し違う感じがしました。(余り表現できませんが。。。。。)
次にお湯割りで。。。自分はお湯割りの方が好きです。
最初は芋のふっくらとした甘さが来て、その後鼻に抜ける様な芋独特の香りが来ます。美味しい。
自分は今まで、芋麹の焼酎を2つ飲んだ事があります。『蘭』と、『一刻者』です。
『蘭』は味が独特であまり好きではありませんでした。
『一刻者』は飲みやすくて、生やロックで飲むのがお薦めです。
でも今回の『いも麹芋』が芋焼酎らしく一番好きですね。
また好きな焼酎が増えました。今度手に入ったら、3年熟成酒も飲んでみたいです。
今日の肴は、「豆腐とホウレン草の酒盗炒め」、「モツ煮込み」、「モヤシのナムル」、「馬肉の燻製」です。
「馬肉の燻製」は既製品ですが、美味しかったです。
[PR]
by cya-conbi | 2006-02-19 21:54 | 芋焼酎
<< 黒木本店『中々』 純米焼酎『七田』 >>